赤毛のアン

赤毛のアン

広告

「気の合う同類は、思っていたほど希少ではないのだわ。世界中の同類をたくさん見つけられたらすてきなことね。」

毎年、世界中から数多くの人々が訪れる人気スポット。名作「赤毛のアン」の舞台となった場所です。

L.M.モンゴメリ『赤毛のアン』より

小説「赤毛のアン」が初めて出版された1908年、人々は物語に登場するその美しい舞台について憧れを募らせることしかできませんでした。世界中で小説の人気が高まっていく中でも、プリンス・エドワード島がどこにあるのかを知らない読者が大半でした。実在する島だということさえ疑問に思われていたことでしょう。今日、何百万人ものファンの人々がプリンス・エドワード島を訪れ、ルーシー・モード・モンゴメリの物語の中で少女アンが恋したこの島に魅了されています。その赤毛の少女や作者のことをもっと知りたい人たちのためにも、島のいたるところにアンの魅力に出会える場所があります。

アンと過ごす休日

「赤毛のアン」が好きなら、アンが恋したこの島にきっと魅了されるはず。アボンリービレッジやグリーン・ゲイブルズ・ハウスを訪れ、シャーロットタウン・フェスティバルで上演されるミュージカル「赤毛のアン」を鑑賞しましょう。

 

 

広告